• 乾燥肌に悩む人の化粧水利用法

    • 乾燥肌で悩む人は、できるだけシンプルなケアを心がけなければなりません。

      化粧水の乾燥肌に関して最新情報を教えます。

      化粧水等の化粧品に添加物が含まれているとバリア機能の弱まった肌には大きなダメージになってしまいますので、添加物が含まれていないことが重要です。


      たくさんの成分が配合されている化粧水を使うと美容成分の数も多くなりますし、添加物の種類や量も増えて刺激を受けてしまうことが多くなります。


      ですから、必要な成分だけを的確に届けるシンプルなつくりの化粧水を使うことが大切です。



      必要な成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンがありますが、これらは角質層にしっかりと届いて保湿を行ってくれます。乾燥肌の化粧水ケアでは角質層まで有効成分を行き渡らせることが目的ですので、浸透しやすい成分を取り入れるようにします。



      保湿作用に優れている成分の代表としてセラミドが有名ですが、セラミドは水に溶けにくいので美容液やクリーム、乳液等の油分が含まれているものに配合するのに適しています。
      乾いてバリア機能が低下すると毛穴が目立ち始めますので、毛穴ケアの行える化粧水を選ぶことも大切です。乾燥肌の場合、肌のターンオーバー周期が乱れて角質を厚くしてしまうことを考慮して、角化を整える成分であるグリシルグリシン等が有効です。
      角化が進むと毛穴が詰まりやすくなり汚れが目立つようになりますし、毛穴の開きにも悩まされるようになります。

      乾燥肌の人にキメの粗さが目立つケースが多いのはこのためです。

  • 化粧水の納得の情報

    • 乾燥肌の改善には化粧水が必要なのか

      本来の肌は水分や油分が適切な状態になることで紫外線や排気ガスのような外的要因から身を守ることが出来ます。しかし乾燥肌は肌の水分が不足しているため、この機能が衰え外的要因を受けやすい状態になり、それが原因で敏感肌になることも珍しくありません。...

  • 化粧水の耳より情報

    • 乾燥肌を改善する化粧水選び

      乾燥肌の人が化粧水を選ぶ時には、水溶性の保湿成分がしっかりと角質に届くような商品を選ぶことが大切です。肌の水分を保つ役割を担っているのは角質層に存在するセラミド等の細胞間脂質が80%、天然保湿成分が18%、皮脂が2%程度となっていて、日々のクレンジングや洗顔でかなりの量が流されてしまいます。...

  • 化粧水の話・化粧水の知っておきたい常識

    • 化粧水で保湿をして乾燥肌を改善

      肌がすぐにカサついてしまう、加齢に伴い潤い不足が気になり始めた、ほうれい線や目尻の小じわや毛穴の開きが目立ってしまう、ざらつきやごわつきやキメの粗さがありベースメイクののりが悪いなどの乾燥肌にまつわる悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。肌が乾燥しているということは角質のバリア機能が低下している証拠です。...

    • 乾燥肌の人の化粧水の選び方、使い方

      乾燥肌の人にとって、毎日の肌のお手入れに欠かせない化粧水。毎日使うものだけに、購入するときは自分に合ったものを選びたいものです。...