やりたい仕事か、給料や勤務地、待遇は?そんな条件ばかりをあげて…求人を見る前にまずは自分自身を知るのが先なんじゃないですか?自分の長所を生かせる仕事、自分の能力で役に立てるかどうか。仕事を本気で探すならもっと謙虚にいきませんか?

求人を見る前に自分を知ろう

求人の条件は中高年には厳しいのが現状

求人の条件は中高年には厳しいのが現状です。特に50歳を超えるとその求人も限られてきます。そして会社から求められるスキルも厳しいものになります。中高年はいままでの経験を活用して管理職とまた現場にもでられるようなそんなオールランドの戦力が中途採用では求められることが多いです。
そして中高年の転職で失敗するケースとして、自らの職業スキルを自己採点で高く評価しすぎてハードルの高いものに応募して、採用に至らないかあるいは採用する会社もそれなりに評価して採用するも現実には使い物にならない人材と評価されてしまって会社におりずらくなるといったことがあります。そのために自己の職業スキルは自己で評価するのではなく、転職の際には第三者に評価してもらうほうがいいです。その内容をよくみてから転職することも考えた方がいいです。
原状にとどまり、中高年になってもいまの会社で頑張っていくことも必要です。中高年の取り巻く求人事情は景気が良くなったとはいえ、あまり劇的によくなっていないです。
ただしいまの職業スキルが相当なものであり、職業相談での評価がよければ発展的に転職することもいい場合があります。職業をバージョンアップさせるという意味においてもチャレンジしてみる価値はあります。がくれくれも若年層とは違い転職は難しいために、転職について慎重に考えた上で行わないと再就職ができないというとりかえしのつかないことにもなります。
そのために十分に求職活動を行えるために職業の情報と相手に売り込むための職業スキルを付けたうえで臨むべきです。そして今の仕事がとても嫌だから辞めて違う仕事につくといった軽はずみなことはしないほうがいいです。