やりたい仕事か、給料や勤務地、待遇は?そんな条件ばかりをあげて…求人を見る前にまずは自分自身を知るのが先なんじゃないですか?自分の長所を生かせる仕事、自分の能力で役に立てるかどうか。仕事を本気で探すならもっと謙虚にいきませんか?

求人を見る前に自分を知ろう

2017年09月の記事一覧

冠婚葬祭業の求人に応募するときに書く職務経歴書

職務経歴書を履歴書とは別に求められることがあります。これは、職歴を表す書類です。つまり、これまでどのような仕事をやってきたかを書き記します。書き方は履歴書と同じ要領で書くと良いですが、書くことについて求人情報に指定があることがあります。その場合は、それに従って作成するようにしましょう。
職務経歴書は基本的にこれまで就いてきた仕事を書き記すための書類なので、事実を淡々と書けば良い物です。そのため、特段独創性や個性を出す必要がありません。それは、冠婚葬祭業の求人に応募するときもです。むしろ、事実と異なることを書けば、あとでばれてしまった時に採用を見送られるでしょう。面接をする方も採用のプロなので、職務経歴書に書かれていることと辻褄が合わないようなことに気づけば、その点について問いただされます。そこで、はっきりと受け答えをすることができなければ容易に嘘はバレます。そのため、うそを書いても意味がありませんので、これまで就いてきた仕事に就いて正確に書き記すようにしましょう。
なぜ、職務経歴書を提出させるのかというと、その人がどのような仕事をしてきたのか、何年間働いてきたのかを知りたいからです。例えば、短期間で仕事を辞めることが多い方が応募してきたら、その人を採用してもやめられてしまうのではと思われるため、採用される可能性は下がります。また、その業界で長い間働いてきたことがわかれば、即戦力となることが期待できるためプラスの事情となります。このように、採用に際して一定の評価を加えられるため、自正確に書いておくようにしてください。下手にうそをつくと、心証は最悪ですので、それだけは避けるようにしましょう。

続きを読む