家でトイレ修理が必要になったら

トイレは家の水回りでも利用頻度の高い設備です。

そのため何らかの水トラブルが発生しやすいゾーンとして知られます。排水に時間がかかって水がたまりやすい、いつまでも便器に水が流れ続ける、トイレタンクから不自然な水音がする、ウォシュレットのノズルからポタポタと水が漏れ続ける等、水トラブルの症状も多岐にわたります。いずれにしても、速やかに修理しなければなりません。そのまま放置すれば、トイレ本体に深刻なダメージを与えるだけでなく、正常な給水管や排水管などの水道設備、床や壁といった周囲の建材にまで、ダメージが拡大することにもなります。

さらにアパートや団地のような集合住宅であれば、なおさら急ぐべきでしょう。水漏れや異音あるいは異臭等によって、近所に迷惑を及ぼすことがあるからです。症状が軽い場合には、素人の方でもその場で修理が可能なケースもあります。例えばトイレットペーパーの使いすぎで便器が詰まったケースでは、市販のラバーカップ等で解消することも可能です。またタンク内のボールタップが外れて、便器の水が止まらなくなったら、ボールタップを元の位置に戻すだけでOK。

あるいは給水管のナットの緩みによる水漏れでも、家庭にある工具で締め直せば止まります。ただし突発的で緊急性が高いものや、トラブルの症状が深刻なケースなら、直ぐに対応してくれるプロの修理会社へ連絡すべきでしょう。遅れてしまうほど事態が深刻化するからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *