トイレ交換に関する知識

トイレの水などが、流したあともいつまでも止まりきらないとき、すぐに多くの人はトイレが壊れたと勘違いしてトイレ交換などしがちですが、そのような現象の原因は、たいていはトイレタンクの内側にあるフロート弁や、ボールタップなどの器具が摩擦によって正常に作用しなくなったことによるものです。このような場合は、フロート弁やボールタップなどの一部の部品を交換することによって修復できて、水を流したあとにすっきりと水が止まるようになり、トイレ交換を避けることができます。しかし、ボールタップなどのタンクの内側の部品は、便器の種類によってとても多くの種類があるため、修理の前に、そのトイレを直してもらうための会社の人に使用中のトイレのタンクを確認してもらう必要があります。また、ほかにも外部の桝から排水が詰まって、水が溢れ出しているというときも、トイレ自体が壊れていて、トイレ交換をしなければいけないと勘違いしている人がいますが、必ずしもそうであるとは限りません。

外部での排水の詰まりは、一番多い原因というのは、コンクリート製の桝と、パイプの継ぎ目の目地部分が劣化して、そこから植物の根が入り込んでしまったり、ゴミが入り込んでしまったりして詰まらせているというものです。その場合は、目地の部分の補修をしっかりと施しておくなどの対応が必要となります。このような外部から水が溢れ出してしまっているときも、まずはトイレの会社の人に来てもらって、何が原因なのかをしっかりと調査してもらい、トイレ交換が必要なのかどうかしっかりと見極める必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *