雨漏りの修理は火災保険が適用されることがある

雨漏りの修理は火災保険を使えば実質0円で行うことができます。あまり知られていないことですが、火災保険には風災・雪災・ひょう災補償があります。これは突風や台風、豪雨などで強い風が起きて損害を受けた時に適用されます。この強い風とは瞬間最大風速が秒速20メートル以上の風をいいます。

一見経年劣化によって屋根が壊れて、雨漏りがしているように思えても、100%経年劣化による損傷は数%しかありません。そしてこの判断をするのは、修理業者でも保険会社でもない第三者機関が行います。このような雨漏りなどの屋根の修理は風災補償に入っている必要がありますが、この補償は大抵基本補償とセットになっているので、火災保険に入っていれば風災補償が付いているはずです。ただこの風災補償には時効があり、被害を受けてから3年以内に申請する必要があります。

しかし強い風は3年に一度は吹いているはずなので、強い風が吹いてから3年と考えれば、実質的にはいつでも申請ができることになります。それから、損害額が20万円以上でなければ受けられないなどと書かれていることがありますが、この額には屋根の修理費用だけでなく、修理に必要な足場の費用も加算されるので、ほとんどの場合20万円を超えることになるので、あまり気にしなくても良いでしょう。火災保険による屋根の修理は合法なので安心して利用してください。ですが、屋根の修理業者には詐欺まがいの業者もいるので、そちらには十分に気をつけてください。

あと火災保険と似たもので、火災共済というものがありますが、こちらは自然災害補償が充実していないことがあり、補償を受けられないこともあります。水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *