火災保険を利用して雨漏りを直す

台風や集中豪雨のあとに急に雨漏りが始まったり、天井にシミが見つかったというときに、まずは自分で何とかしようとする人も多いのではないでしょうか。ホームセンターで材料や工具を購入して自分で修理することができれば安上がりですが、素人が原因を見つけて完全に修理するのはかなり困難ですし、自分で屋根に上がるのはとても危険です。修理には経験や知識が必要になるので、屋根修理の専門業者に依頼するのがおすすめです。また、専門業者は雨漏りの原因を特定することができるので、原因によっては火災保険で修理することができるかもしれません。

雨漏り自体に火災保険が適用されるわけではないのですが、その原因が台風や竜巻などによるものであった場合は補償の対象となります。強風によって屋根や外壁が損傷したり、突風で飛んできた物で屋根が破壊されてしまった場合などは自然災害による損傷と認められるので保険が適用されます。雪の重みで雨樋が壊れたなど、雪による災害も同様です。雨漏りの原因が建物の老朽化だった場合は火災保険の対象外となりますが、老朽化していたところに風や雪、ヒョウなどの影響で屋根や雨樋が損傷を受けた場合は、判断が難しくなります。

いずれにしても自分で判断できるものではないので、故障を見つけたら専門業者に診断してもらうのがおすすめです。雨漏りは火災保険で修理できる可能性があります。保険加入者の当然の権利なので、有効活用して屋根修理をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *