火災保険で補償されない雨漏りについて

台風や強風などによって屋根が壊れてしまい雨漏りがした場合には、火災保険の風災が適用になるため、風災が保証されている保険に加入しているときには、屋根の修理費用が保証されます。屋根は、一般的に修理費用が高額になることが多く、場合によっては100万円を超えることもあるので、台風や恐怖などの風災によって雨漏りが起きた場合には、すぐに保険会社に連絡をして、申請について確認するとよいでしょう。雨漏りがしたからといって、いつでも屋根の修理費用が火災保険で補償されるわけではありません。火災保険は、予想できない突発的な災害に備えるための物なので、予想されていることに対しては保証されないのです。

つまり、古くなって劣化したことによる雨漏りは、保証されないということなので、古い家の屋根が傷んで、雨の時に水がしみこんできても保証されることはないということです。古い家の屋根は傷んでいることが多いので、保証されないことが多いのだと思うかもしれませんが、古い家だとしても、風の影響を受けて屋根が破損したことが明らかな場合には、その部分の修理は保証されることがあるので、保険会社に相談してみるとよいでしょう。また、古くても定期的に塗り替えや修理を行っており、メンテナンスをしていた屋根が、風で破損した場合も、保証されるので、相談してみることがおすすめです。火災保険で補償されない雨漏りは、風が吹いて屋根が損傷した場合以外と覚えておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *