火災保険で修理ができない雨漏りとは

大切なマイホームで雨漏りがしてしまったときには、屋根の修理が必要ですが、費用が高額になるので、火災保険を使うことができるととても助かります。家を購入した時に入ることが多い火災保険は、自然災害で家が損傷を受けたときにも補償を受けることができるプランが主流なので、洪水や浸水、風災などがセットになっている物に入っている人が多く、風のために屋根が壊れてしまったり、飛ばされてしまったりした場合には、保険を使って修理をすることができます。雨漏りがしているときに、いつでも直すことができるわけではなく、あくまでも風災の場合に補償されるものなので、経年劣化による雨漏りや人為的な破損など、風が原因ではない場合には、火災保険で修理をすることはできません。古い家の屋根は経年劣化していることが多いため、風によって屋根が損傷を受けて修理をしたとしても、全部が補償されるわけではない場合もあります。

風で被害を受けた部分の費用だけが補償されることも多いため、結果的に費用の一部を保険で賄うということになることもありますが、高額な屋根の修理費用の一部だけでも支払われると助かるので、保険会社に連絡をして、確認してみることがおすすめです。雨漏りに気付いて、屋根の修理をする場合には、保険が適用にならないこともありますが、自己判断してしまわずに、保険会社に連絡をしてみて、自分が加入している火災保険で修理ができるかどうか聞いてみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *