• 乾燥肌を改善する化粧水選び

    乾燥肌の人が化粧水を選ぶ時には、水溶性の保湿成分がしっかりと角質に届くような商品を選ぶことが大切です。

    化粧水の乾燥肌の最新情報を掲載しました。

    肌の水分を保つ役割を担っているのは角質層に存在するセラミド等の細胞間脂質が80%、天然保湿成分が18%、皮脂が2%程度となっていて、日々のクレンジングや洗顔でかなりの量が流されてしまいます。



    ですから、スキンケアでは保湿能力の低下した肌を回復させるための成分を取り入れなければなりません。よく保湿効果に優れているといわれるセラミドは水溶性ではありませんので、化粧水には向かない成分です。



    具体的に乾燥肌をいたわる成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、グリセリン、プロピレングリコールがあります。

    ヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンは元々肌の真皮層に存在する成分であり安全性に優れていますので、現在多くの化粧水に配合されています。グリセリンやプロピレングリコールも少しの量であれば肌に刺激を与えることなく保湿を行えますので重宝します。


    肌を健やかに保つためには、細胞間脂質や天然保湿因子の生成量を増やす必要があります。

    セラミドを増加させる働きを持つのはライスパワーNo.11エキスやユーカリ抽出液であり、天然保湿因子を増やせるのはヨクイニンです。これらの成分を取り入れることで乾燥肌も次第に落ち着き、水分を抱え込む働きも強化されます。

    角質層に届けたい成分をきちんと把握できれば、効果的な対策が行えます。