やりたい仕事か、給料や勤務地、待遇は?そんな条件ばかりをあげて…求人を見る前にまずは自分自身を知るのが先なんじゃないですか?自分の長所を生かせる仕事、自分の能力で役に立てるかどうか。仕事を本気で探すならもっと謙虚にいきませんか?

求人を見る前に自分を知ろう

2017年09月の記事一覧

冠婚葬祭業の求人に応募するときに書く職務経歴書

職務経歴書を履歴書とは別に求められることがあります。これは、職歴を表す書類です。つまり、これまでどのような仕事をやってきたかを書き記します。書き方は履歴書と同じ要領で書くと良いですが、書くことについて求人情報に指定があることがあります。その場合は、それに従って作成するようにしましょう。
職務経歴書は基本的にこれまで就いてきた仕事を書き記すための書類なので、事実を淡々と書けば良い物です。そのため、特段独創性や個性を出す必要がありません。それは、冠婚葬祭業の求人に応募するときもです。むしろ、事実と異なることを書けば、あとでばれてしまった時に採用を見送られるでしょう。面接をする方も採用のプロなので、職務経歴書に書かれていることと辻褄が合わないようなことに気づけば、その点について問いただされます。そこで、はっきりと受け答えをすることができなければ容易に嘘はバレます。そのため、うそを書いても意味がありませんので、これまで就いてきた仕事に就いて正確に書き記すようにしましょう。
なぜ、職務経歴書を提出させるのかというと、その人がどのような仕事をしてきたのか、何年間働いてきたのかを知りたいからです。例えば、短期間で仕事を辞めることが多い方が応募してきたら、その人を採用してもやめられてしまうのではと思われるため、採用される可能性は下がります。また、その業界で長い間働いてきたことがわかれば、即戦力となることが期待できるためプラスの事情となります。このように、採用に際して一定の評価を加えられるため、自正確に書いておくようにしてください。下手にうそをつくと、心証は最悪ですので、それだけは避けるようにしましょう。

続きを読む

求人の条件は中高年には厳しいのが現状

求人の条件は中高年には厳しいのが現状です。特に50歳を超えるとその求人も限られてきます。そして会社から求められるスキルも厳しいものになります。中高年はいままでの経験を活用して管理職とまた現場にもでられるようなそんなオールランドの戦力が中途採用では求められることが多いです。
そして中高年の転職で失敗するケースとして、自らの職業スキルを自己採点で高く評価しすぎてハードルの高いものに応募して、採用に至らないかあるいは採用する会社もそれなりに評価して採用するも現実には使い物にならない人材と評価されてしまって会社におりずらくなるといったことがあります。そのために自己の職業スキルは自己で評価するのではなく、転職の際には第三者に評価してもらうほうがいいです。その内容をよくみてから転職することも考えた方がいいです。
原状にとどまり、中高年になってもいまの会社で頑張っていくことも必要です。中高年の取り巻く求人事情は景気が良くなったとはいえ、あまり劇的によくなっていないです。
ただしいまの職業スキルが相当なものであり、職業相談での評価がよければ発展的に転職することもいい場合があります。職業をバージョンアップさせるという意味においてもチャレンジしてみる価値はあります。がくれくれも若年層とは違い転職は難しいために、転職について慎重に考えた上で行わないと再就職ができないというとりかえしのつかないことにもなります。
そのために十分に求職活動を行えるために職業の情報と相手に売り込むための職業スキルを付けたうえで臨むべきです。そして今の仕事がとても嫌だから辞めて違う仕事につくといった軽はずみなことはしないほうがいいです。

続きを読む

不動産関係の仕事で寮に住むには、求人サイトで探す!

求人サイトでは様々な業種の求人が多数登録されているため、仕事を探す際に活用することで仕事を効率的に見つけることができます。例えば、不動産関係の仕事がしたいとすれば、業種を不動産と指定することで条件に合った仕事しか表示されません。そのため、情報誌のように紙を一枚一枚めくっていく必要がありませんので、時間を短縮することができます。また、業種だけではなく、ほかにもいろいろな条件を指定することができるようになっていますので、より条件に合っている求人を探せる点も魅力的です。例えば、寮に住むことができる仕事は寮完備などといった条件で指定することができます。仮にこのような絞り込みのチェックボックスがなかったとしても、多くの求人サイトはフリーワードを入力して検索ができるようにもなっているため、寮と入力することで求人情報に寮があると書かれているものだけを表示させることが可能です。
このように、求人サイトを活用することで効率的に希望の仕事を見つけられるというメリットがあります。複数のサイトがあるため、好みに応じて使い分けるのも良いですし、フルに活用するのも良いでしょう。注意点としては、複数のところに応募する際には、ダブルブッキングをしてしまわないようにしましょう。仕事をする前には面接に通過することになりますが、応募していたことを忘れてダブルブッキングしてしまう方もいます。そうなると迷惑がかかります。そのため、もしそうなってしまった場合には、きちんと先方に断りの連絡をしましょう。一番よくないのがそのまま放置してしまうことです。向こうも面接のために日程を組んでいるため、迷惑が掛かってしまいます。マナーとして頭に入れておいてください。

続きを読む

高卒でサービス業の求人を探している方は

高卒でサービス業を探している方は、ネットの転職サイトが便利です。
自分の働きたい地域を入れて、希望のお給料を入力すると求人が出てきます。
その中から、申し込みができます。

サービス業が初めての方も、未経験オーケーで丁寧な指導がある会社があるので
安心して申し込みができます。
サービス業でも、パソコン入力ができたほうが役立ちますので、文字入力は
スムーズにできるようにしておきましょう。

転職サイトのいい面は、筆記試験の対策や面接の対策が載っていることです。
基本的な漢字や計算、時事問題が出ることがあります。

面接は、サービス業ではかなり重視しています。
面接の対応だけでなく、服装や髪型も重要なポイントです。
基本は地味な色(紺、白、茶、黒)のスーツで、靴も合わせます。
女性はメイクやネイルは避けておきましょう。
企業の中には、茶髪でもオーケーのところもありますが、基本は黒い髪が好まれます。

もっと詳しいことが、サイトには載っているので確認しておきましょう。
役立ったのが、実際に企業からよく質問が出る事例が載っていることです。
答え方も載っているので、とても便利なサイトです。

事務系からサービス業に転職する方も多いです。
事務職とサービス業では、勤務時間や休日が違うので確認しておきましょう。
サービス業は、土日も勤務する場合があります。

専門職を目指している方のために、学校や通信教育の情報もあります。
働きながら、学んでいる方も多くいます。
資格を取ると有利になる、職種もありますので見ておきましょう。
経験者の方は、履歴書や職務経験所書に詳しく書いておきましょう。
資格以外にも、ネットで勉強できることはたくさんあります。
コミュニケーション能力も、磨いておきましょう。

続きを読む

学生でも応募できるデザイナーの求人を探す方法

学生で将来的にデザイナーとして働きたいと考えている方の中には、将来のためにデザイナーのアルバイトをしたいと考える人もいるでしょう。アルバイトとはいえ、実際の仕事を体感することができるため、将来的にその仕事に就きたい人にとっては有益です。こういった仕事は、数はあまりありませんが募集していることが多いです。もちろん、学生が行うのはデザイナーの補助的な仕事となるため、実際にその仕事をすべて任せられるわけではない点に注意しましょう。
デザイナーの仕事の求人を見つけるには、第一に伝手を探すという方法があります。美術系の大学や専門学校であれば、教授のコネや学校に来た求人などを参照することで探すことができます。知り合いにその業界で働いている人がいればあっせんしてもらうというのも一つの手でしょう。ただし、そのようなコネクションがないのであれば、自分で探す必要があります。そうなると、求人サイトを使うことになります。求人サイトでは、デザイナー職の仕事も募集していますので、検索でデザイナーと入力すると、該当する死後tの求人が出てきます。ただし、学生が応募できる仕事は限られているので、見つからないかもしれません。そういった場合は、待つしかありません。
ただ待つのではなく、求人サイトのアラート機能を利用しましょう。これは、アルバイトに求める条件を設定すると、それに該当する仕事が通知されてくるものです。通知はメールあてに来ます。最近はスマートフォンに求人アプリが登場していますが、それも同じようにスマートフォンの通知領域に新着があれば通知してきます。こちらの方が見逃しづらいという点でお勧めです。もちろん利用は無料です。

続きを読む

食品を扱う職種の求人を効率的に探す方法

食品の求人を探すなら、求人募集のサイトを使いましょう。その訳は、そこにはたくさんの情報が出されているため、いちいち労力をかけなくても情報を集めることができるというメリットがあるからです。情報が多いと選びづらいのではと考える人もいますが、求人サイトではそのような心配は無用です。様々な条件によって絞り込むことができるからです。食品関係の職種といっても様々で、工場で製造をする仕事もあれば、調理をする仕事もあります。また、接客販売も食品を扱うものがあります。これらを条件指定して絞り込んで検索できるのが求人サイトの魅力です。各カテゴリーを選択すれば、それに該当する情報しか検索されません。ただ、職種だけであれば別の業界の仕事も出てきますので、併せてフリーワード検索の機能を活用しましょう。これは、キーワードを入力すると、検索結果に反映されるものです。その用語が含まれている情報しか表示されないので、一発で希望の条件に合っている仕事の情報だけを集めることができます。
求人サイトでは、応募もインターネットからできるようになっていますが、応募は直接電話で行った方が良いです。インターネットからの応募は企業の方に応募があった旨がメールで通知される仕組みになっていますが、それを見逃される可能性があります。また、受け付けてくれていないのに受け付けてくれたと思って、無駄な時間を過ごしてしまう可能性があります。そのため、電話で応募しましょう。電話なら、きちんと人に直接伝わったことが明確となるため、受け付けたかどうかわからない状態を回避することができます。
食品系の職種はジャンルが多いため、以上の方法で効率的に探すのがおすすめです。

続きを読む

50代も活躍のビルメンテナンスの求人に応募

50代から再就職をする場合は、基本的に現場で働く職種となるのですが、求人数そのものが少ないことがネックになります。
ビルメンテナンスの仕事であれば、50代であっても活躍している方が多いことから、比較的就職しやすい職種です。
商業施設などのビルでは電気などのインフラが複雑に張り巡らされており、常に計器の点検をする人員を必要としています。
しかし、専門知識を要することからメンテナンス専門の会社に委託するのが一般的で、そのおかげで現場に常駐する人員としての求人が多く出ているのです。
電気工事といった各種資格があると就職しやすく、メンテナンスといっても点検業務をしながら待機する時間が大部分であることから定着率が高い現場も豊富にあります。
仕事量は現場によって大きく異なり、同じ会社であってもすぐに人が辞めてしまう現場もあれば、同じ人間が長く勤めている現場もあります。
人手不足のメンテナンス会社では50代であっても採用してくれる可能性がありますが、未経験であると慣れるまではかなり大変な勤務になることを覚悟しておかなければいけません。
しかし、50代であっても一から始められる求人であることに変わりはなく、頑張って仕事をこなしていれば部下に指示を出す管理者に昇格できるチャンスもあるのです。
ビルメンテナンスの需要は都市部であるほど豊富で、専門の会社が現場に派遣する人員を確保するために求人を出している構図になっています。
原則的にメンテナンス専門の人員として派遣されるのですが、警備会社が警備業務もできる人員としている場合もあります。
人件費の削減の観点からメンテナンスと警備の両方ができる人員の需要は大きく、警備業務も対象に入れることで一気に応募できる求人数が増加するのが現状です。

続きを読む

求人を探すならハローワークよりネットがいい

求人を見つける際には様々な方法がありますが、仕事を探す事は膨大な時間を費やすでしょう。もちろん時間があればハローワークに出かけて就職の相談や求人情報閲覧をしたりする事も有効でしょう。中には職業訓練を受けれる事もあり、時間的に余裕のある人であれば十分に活用できる方法です。
しかし、現職中である人や子育て中など時間がなかなか取れない人はわざわざハローワークに出かけなくてもインターネットで就活する事もできるとして多くの人が自宅で求人サイト等を活用しています。自宅でもハローワークの求人を見れたりできるのでお勧めでしょう。
インターネットでの求人探しのメリットは時間を選ばない事から24時間いつでも自分の都合で探す事が出来る他、条件を絞ってみたい求人のみを検索できるという点でも効率的でしょう。専用サイトに自分の条件を登録しておけば、条件に合った案件をメールなどでお知らせしてくれる機能もあります。
またインターネットだからこそ可能な点に随時情報を更新できるので紙媒体での求人よりは情報を早く得る事が出来る他、動画なども見る事が出来るので、職場の雰囲気が伝わりやすい事もあります。同時にエントリーもインターネットから可能な事も多い為、24時間いつでもエントリーできるでしょう。
注意したい点は情報がたまに更新されていない場合には古い情報を閲覧している可能性がある事や、条件検索も絞りすぎると良い求人を見逃す恐れもあります。この他、人事担当者と直接電話なりやり取りをしないので応募から時間差がどうしても生じてしますでしょう。中にはエントリーしたものの、連絡が来ないといった事もあり、再度電話で連絡を取るといった事も中にはあります。

続きを読む

求人情報と実情は異なる可能性がある

失業や今以上によい仕事に就きたいとき、求人サイトやハローワークを利用するのが普通です。そこで求職活動の情報として求人を調べて応募するのが当然のコースで、そこに書いてある労働条件が絶対的な鍵になることは自然です。
がしかし実際に応募して、面接した場合に労働条件の実情を聞いたり、あるいは採用となって提示されたと労働条件が大きく異なることはとよくあります。では何故このような実情と応募条件のかい離があるのかといいますとそれには理由があります。
つまり求人で提示された労働条件はあくまでも労働した際にモデルケースであり、指針になるもので労働契約そのものではないのであとで採用になったといっても労働条件を決定づけるものではないということです。つまり採用する企業に採用する権利とそれに伴う労働条件の決定の裁量に幅を持たせていることになっています。
このことは求人の募集事項を見れば、表現されています。労働時間は正社員であれば週の労働時間は決められていますが、パートであれば週の労働時間に差異はでます。また給与の幅にも着目すると総支給で月額15万円から25万円の表示とされていることに気付くますが、これもあくまでも応募者の職業スキルにより幅がでて、この幅つまるスキルの高い低いは採用者が決めて労働契約を結ぶのでどうしても自分の考えているもの一致しないことがあります。
このように求人に提示してある内容はあくまでも採用されて就労した場合の適用されうるモデルであり、絶対的な決定事項でないことを理解したうえで応募するべきです。無論面接際や採用されたのちに会社との交渉で自分を高く売り込んで評価を上げてより良い労働条件を獲得することは可能です。

続きを読む