水上ボートを乗り回すための船舶免許

小型船舶免許を取得してマリンレジャーを楽しむ

新たな資格にチャレンジしたいなら、小型船舶免許を取得してみてはいかがでしょうか。この資格は「船の普通免許」とも称されており、取得すれば様々な船舶の操縦が可能になるため海の上を自由自在に走り回れるようになります。また、船を所有すると一気にハードルが上がりますが、船舶も自動車と同じくレンタルすることが出来るので、自分で船を所有する必要はありません。必要な時だけ船舶が利用できるレンタルサービスをすれば、手軽にマリンレジャーを楽しむことが出来るでしょう。

小型船舶免許の取得には実技試験と学科試験に合格しなければなりません。実技試験では船舶の操縦技術やロープワークなどが出題され、実際の船舶で試験を行うので教習所などでトレーニングを行ってから試験を受けるのが一般的です。一方、学科試験は海上交通ルールや船長としての心得などが出題されますが、4択1式で出題される問題にマークシート方式で回答していきます。学科試験についてはテキストやインターネットを活用すれば独学でも習得することが可能です。

そのため、なるべく費用を抑えて小型船舶免許を取得したいなら実技試験対策のみ教習所を利用するのがおすすめです。国家試験に合格したら合格証明書が発行されるため、これを添えて運輸局に申請を行えば小型船舶免許が交付されます。交付された免許の有効期限は5年になっており、5年毎に更新講習を受けることで継続して取得することが出来ます。また、期限を過ぎてしまった場合は失効再交付講習を受けることで再交付することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です