水上ボートを乗り回すための船舶免許

ボートを操縦したい時は小型船舶免許にチャレンジ

よく湖で手漕ぎのボートに乗ることができますが、これには免許の必要はないです。湖はそれほど深くありませんし、手漕ぎなので危険があまりないというのが大きな理由です。仮に何かトラブルが起きたとしても、係員の人がすぐに助けに来てくれます。そのため気軽に楽しむことができるのですが、本格的にボートを操縦するには小型船舶免許が求められます。

自動車やバイクと同じで、きちんと小型船舶免許を持っていないとボートを操縦することができません。水上オートバイや大きめのボートでドライブを楽しみたいと考えているなら、小型船舶免許を取得するのがベストの方法です。簡単には取ることができない免許ではありますが、挑戦する価値はあります。小型船舶免許の教習所は全国各地にありますから、一番近いところに通ってみてください。

実習で海に出掛けることもありますので、その段階で楽しい時間を過ごすことができます。船を運転して水上を走ってみたい方にぴったりの免許です。小型船舶免許は複数の種類があるため、その中で自分に合うものを選ぶようにしてください。免許の種類によって受講するコースが変わってきます。

人気が高いのは水上オートバイなのですが、これは特殊小型船舶操縦士を取得することになります。特殊小型船舶操縦士を取るためのコースがちゃんと教習所で用意されているので、それを選択してほしいです。マリンレジャーを楽しむには、二級や一級の小型船舶操縦士が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です