水上ボートを乗り回すための船舶免許

今取得したい小型船舶免許は教習所利用で簡単

小型船舶免許というと国家試験になりますし、結構難易度が高いというイメージがあるかもしれません。確かに国家試験受験コースの場合は結構難易度も高いですし、1回で合格出来ない方もいます。一般的に国家試験受験courseですと、実技教習は受けなければなりませんし、それを受けた後で学科試験に臨まなければなりません。学科は自分で勉強をすることになりますが、それが意外と難しいと感じる方も多いです。

教習所利用コースの場合は、実技講習を受けてあとは学科の講習もあり、最後に修了試験に合格すれば免許をもらえるという流れです。国家試験が免除されるというのが最大のメリットですし、効率よく小型船舶免許を取得することが出来ますのでお勧めです。この方法で免許を取る場合のほうが、1回で取得出来る可能性は高いです。費用はこちらの方がかかりますが、その方が1度ですみますしメリットは多いにあるでしょう。

因みにですが、1級と2級の小型船舶免許というのは小型船舶が操縦出来るようになる免許ですが、特殊小型船舶免許というのもあります。こちらは水上バイクの免許です。水上バイクは操縦方法は簡単ですし、すぐに乗れるようになりますが、免許が必要という事は知らない方もいるかもしれません。後部座席は誰でも乗れますが、操縦時には特殊小型船舶免許が必要になりますので、先ずは免許取得の事から考えていきましょう。

きっとすぐに取得出来ますし楽しい趣味になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です