水上ボートを乗り回すための船舶免許

小型船舶免許とはどのような免許なのでしょうか

エンジン付きボートを操縦する免許のことを、小型船舶免許と言います。正式には小型船舶操縦士免許と言われ、国家試験を受けて取得する国家資格です。ボートに乗るだけでなく、フィッシングなども楽しむことができるので、取得しておくと、海での遊びが楽しくなります。それからいわゆる水上バイク、こちらも乗る時にはこの小形船舶免許が必要になります。

しかし小型船舶免許と一口に言っても、様々な種類に分かれています。1つだけ取ればボートにも水上バイクにも乗れるわけではありません。まずボートに乗るための小型船舶免許が2種類あります。1級と2級とがあり、それぞれボートを操縦できる海域が違います。

1級は外洋と呼ばれる沖の方、2級は沿岸と呼ばれる、岸に近い海域でボートを走らせることになります。2級は海の普通免許とも呼ばれるほど一般的な免許なので、まずこれを最初に取得するのがお勧めです。そして水上バイクですが、こちらは別の免許が必要になります。水上バイク免許、または特殊小型水上免許と呼ばれていて、これを持っているとウェイクボードをすることもできます。

このように小型船舶免許には複数の種類があるので、ボートにも乗りたい、水上バイクも操縦したいという人は、その両方を取ることになります。小形船舶免許を取るには、国家試験を受けて合格しないといけません。国家試験には学科試験と実技試験があります。その他に身体検査もあり、視力と色覚と聴力のチェックが行われます。

それから既に小型船舶免許を持っている人が他のを取る場合、試験が免除になることがあります。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です